プロペシアはM字の改善の効果が期待できる育毛剤

テレビのコマーシャルや新聞広告などでよく見かけるようになった医療機関での薄毛治療は、男性型脱毛(AGA)を対象としており、AGA治療と呼ばれています。

プロペシアは、AGA治療に使用されている内服薬です。




プロペシアの主成分のフィナステリドは、前立腺肥大症の改善を目的としてアメリカで開発されたもので、

研究によりAGA(男性型脱毛)に対しての効果が確認された事により、治療薬として承認される事になります。


頭皮や頭髪に作用するのではなく、5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害するという内容です。

  フィナステリドとは?

※5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、DHT(ジヒドロテストテロン)に変換し、脱毛を進行させます。

このDHTの働きによって毛髪の成長が阻害されてしまう状態の事を、男性型脱毛(AGA)もしくは男性ホルモン型脱毛と呼ばれています。※AGAとは

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害するので、DHTが発生しなくなり、毛髪が阻害されることなく成長するようになります。


つまり、プロペシアは5αリダクターゼの生産を抑制する事により、症状を改善するという内容です。

プロペシアの効果は、日本皮膚科学会が強く推奨できる方法としている様に、科学的根拠に基づいている事が認められています。

今までは、男性の薄毛は、治療の対象としては認識されておらず、改善する事も困難な症状と考えられてきましたが、現在では大きく状況は異なっています。
これはプロペシアが開発されたからであり、医療機関での治療も本格的に開始されています。

3年間に及ぶ国内の臨床実験でも78パーセントの確率で改善した事が公表されており、薄毛に悩みを抱えている人に希望を与える内容です。
さらに、現状維持効果は20パーセントもあり、改善効果と維持効果を合わせると、なんと98パーセントの効果実績があったと言えるのです。

ただし、AGA以外の脱毛症に対しては効果が発揮される事はありません。
日本MSD臨床データによる



 M字にもプロペシアは効くのか?   【結論】  効きます!


男性の薄毛に良く見かける、額の生え際が、アルファベットのMの形になってしまうM字型。
こちらも、男性ホルモンが関係している事が多いと言われています。



M字もAGAの分類であることから、やはり頭皮内に存在している5αリダクターゼが、男性ホルモンの一種であるテストステロンをDHT(ジヒドロテストテロン)へと変換してしまいます。

それによって、M字の場合は、生え際から頭頂部の毛髪が成長を阻害されるようになります。
M字生え際になってしまうのは、この部分の頭髪が特にDHTの影響を強く受けるからです。

M字の部位は、育毛剤が効きにくい個所である理由は、血行不良や栄養不良が原因ではないためであり、根本的な原因となっているDHTの発生を抑えることによって、他の部位と同様の改善が期待できるようになります。

プロぺシアを使用したことによって、頭髪の改善が確認された78パーセントの中にM字型も含まれるため、
M字生え際も改善される事が確認されています。



まとめ
ミノキシジルは頭頂部の効果は期待できるものの、M字(生え際)の効果の期待はできません。
プロペシア(フィナステリド)は、「頭皮全体に作用する」ことからM字への効果の期待ができるのです。


 プロぺシアには、毛根を回復させる様な効果はない


プロぺシアは、毛根や頭髪に働き掛けるタイプの治療薬ではありません。
※毛根回復ならミノキシジル

しかし、他の育毛剤と同時に使用する事が出来るのもメリットとなっています。


プロぺシアによって男性型脱毛(AGA)を防御しながら発毛促進効果が高い育毛剤を使用することによって、育毛剤を単体で使用するよりも効果を上げる事が可能となります。

イメージするとこんな感じですね!
プロペシア(フィナステリド)+ ミノキシジル(育毛剤)


※AGAは、DHTが生産されている限り進行を止める事が出来ないので、発毛促進等の育毛剤では思う様な効果が発揮される事はありません。
発毛を成功させたとしても、成長が阻害されてしまうからです。

しかしプロペシアにより症状の進行を防止した上で、使用した場合は状況は異なります。
抜け毛防止と発毛促進のダブルの効果が期待できるようになるからです。


 プロペシアの副作用


DHTは男性の性器を形成するという役割を担っている物質であり、発育が十分でない状態で使用した場合は、副作用が生じる可能性があります。

肝機能障害
性欲の減退
勃起機能の低下 など


このために、未成年者や女性は使用する事が禁止されています。
女性が禁止されている理由は、自身ではなく胎児に影響してしまうからです。
詳しくはこちらのページで説明しています。

体内物質の抑制という事を目的としている治療薬であり、用量と用法を正確に守る事を心がけなくてはなりません。

 従来の育毛治療とは異なる飲む育毛剤なのがプロペシア


プロペシアは、内服薬という事が、従来の育毛治療とは異なるポイントです。
このために、飲む育毛剤とも表現されており、外用薬との併用が可能です。

プロペシアは、白色の小さな錠剤で、1日に1度水かお湯で飲むという簡単な服用方法です。

しかし、最低でも半年以上継続して使用することが求められています。
数カ月程度で額から産毛が生えてきた事が確認する事が出来れば、その後の成長を期待する事が出来ます。
人間の毛髪は赤ん坊を見ればわかるように、産毛から太い頭髪へと成長するからです。

【実際に使用したから分かります。国内安心の育毛剤】
M字には薬用プランテル M字以外ならチャップアップ ミノキシジル同等の構造を持つ!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら

プロペシアの摂取で抜群の効果!なんと98%の改善!【解説図あり】
プロペシアの効果は期待以上のものでしょう!98%の効果実績は、日本皮膚科学会が最高ランクA(強く勧める)を付けるだけあります。副作用の心配もありますが、最高ランクを付けるということは、事例が少ない証拠!改善例を図で見ると効果に納得できますね!
プロペシアとフィナステリドは一体何が違うのか?
プロペシアとフィナステリド、よく出てくる名前ですが、何が違うのか混乱してしまうこともあるでしょう。ここで違いをしっかり覚えておけば間違えることはありません。プロペシア⇒商品名、フィナステリド⇒成分としっかり覚えておきましょう。