自分のサイトを全面的にワードプレス化させる時に使ったプラグイン14個

自分が2000年から運営しているサイトがあるのですが、
数年前からCMS化に取り組んでいました。

最初に手を付けたのは、当時最新だったmovable type。
ブログ記事をこれで更新していました。

ですがmovable type、正直すごく使いづらかったです。
そのため、更新作業も滞りがちに・・・


そして、数年前にwordpressに切り替えました。
ワードプレス、すごく良いです。
自分のやりたいことはほぼ出来る。
良いテーマと、良いプラグインが見つかりさえすれば。


ただ、ワードプレス、日本ではあまり使われてないみたい。
日本は無料のブログサービスがたくさんあるから、
わざわざワードプレスを使う必要がないんでしょうね。
これはいいんだか悪いんだか・・・
じゃないですよ!悪いに決まってるじゃないですか!
テーマにしてもプラグインにしても、ほぼ英語オンリー。
それを読解して、インストールして、設定も全部英語なのでそれを翻訳しながらひとつひとつ設定していくの、ほんとつらいです。


そんなわけでワードプレスを使って、自分のサイトのブログ部分を更新していたのですが、
ある時思ったのは、
「ワードプレスの固定ページを使えば、ブログ以外のメインコンテンツもワードプレス化できるんじゃ・・・?」

ただ、それは思いつくのは簡単、だけど実行するのは至難。
なもので、これまでアイデアだけで放置していました。
面倒くせー。


そんなダラダラ状態だったのですが、ここで一念発起、
サイトの全ページをワードプレス化させる作業に着手しました。


まず最初につまずいたのは、テーマの選択。
自分の欲しかった条件は
トップページにまずロゴが来て、次にサイトの紹介文が来て、その下にブログ記事が並ぶ
というものなのですが、これがなかなか見つからない。
最終的にはindex.phpをいじり倒してなんとか形を整えました。

さて、それからプラグインですよ。
サイトを見栄えよくして、しかも前から持っている資産を目減りさせないようにするために、
プラグインを14個インストールしました。

既にあるサイトをワードプレス化させるためにインストールしたプラグイン



1.All In One SEO Pack
これは基本中の基本ですね。ワードプレスのテーマのほとんどは、サイトやページのdescriptionが記述されていません。
正直keywordは検索とは関係ないらしいですが、descriptionは大事。これ次第で検索から流れてくる人の数全然違いますもの。

2.Akismet
これはデフォルトでインストールされていますが、コメントスパムを防ぐにはやはり必須。
Akismetの統計ページを見ると、数年間で700件以上のコメントスパムを防いでくれているとのこと。
ほんとスパムする人は死ねばいいのに。

3.Contact Form 7
これもデフォルトプラグインですね。お問い合わせフォームを作成するプラグイン。
今ではサイトにメールアドレスを掲載するとスパムが嵐のように押し寄せるので、それを防ぐためにも導入してよかったプラグイン。Akismetと組み合わせることができるので、スパムの問い合わせは防止できる。

4.WP Multibyte Patch
これもデフォ。正直本当にいるのかなー?という気もしますが、お守り代わりに。

5.PS Auto Sitemap
サイトマップのページを簡単に作成できるプラグイン。
自分のサイトをワードプレス化しようと思った大きな要因が、これ。
それまでサイトマップのページは全部手打ちで、コンテンツを増やすたびに泣きながら修正していたのですが、もうそんな悲しみとはさよならできました。

6.Google Analyticator
Google Analyticsを簡単に導入できて、ダッシュボードで簡単な統計を表示してくれるプラグイン。
Google Analyticsはけっこう見ますよー。でもいちいちAnalyticsのページにアクセスするのは面倒だったので、これを導入してダッシュボードで概要だけ見るようにしました。気になる事があった時だけAnalyticsのページを開くようにしてます。

7.WP Social Bookmarking Light
ソーシャル対応はもはや必須事項なのですが、なにせ外国のテーマには「はてなブックマーク」のボタンがついてることはほぼ皆無。日本製のテーマだとだいたいついてるんですけどね。
そこで絶対に入れておきたいこのプラグイン。作者は日本の方なので、はてブやライブドアなんかにも対応してます。自分ははてブとツイートとフェイスブックと、g+を表示させています。

8..html on PAGES
このプラグインを見つけなければ、今回のサイトリニューアルは不可能でした。
固定ページに.htmlの拡張子を強制的に付与するプラグイン。
これのおかげで、それまでアップされていたページのURLを変えることなくワードプレスの固定ページに切り替えることが出来るようになりました。
ほんと地味ですが最重要プラグインです。

9.Auto Post Thumbnail
今使っているテーマは、投稿記事のアイキャッチ画像を表示させる仕様なので、あんまりno imageばかりだと見栄えが悪い。
そこで、これを使えば、特に画像をプラスしなくても「更新」ボタンを押すだけで自動的に本文中に挿入した画像をアイキャッチ画像にしてくれるので、ポチポチっと更新ボタン押すだけで、だいぶ見栄えが良くなりました。

10.Dynamic To Top
これも有料のテーマとかだと大体ついてるのですが、無料のテーマではほぼついていない「トップに戻る」ボタンをつけてくれるプラグイン。
これまでは<a name=>タグでトップに戻るを手打ちしていたのですが、これはカッコいいボタンを作成してくれるので、とてもいい感じに仕上がりました。有料のテーマみたくなった。

11.Recently Updated Pages
これから固定ページをどんどん増やしていく予定なのですが、普通のウィジェットではpost投稿ページの最新記事は表示しても固定ページの最新記事はなかなか表示してくれることがない。
このプラグインを入れれば、固定ページの更新履歴も表示できる。設定次第では、固定ページと投稿ページの最新記事を混在させることも可能。

12.Yop Poll Plugin
自分の元々のサイトでは、簡単なアンケートページを作っていたのですが、これもスパムに荒らされて閉鎖せざるを得なくなっていたのです。
それを復活させるべくいくつかのアンケート作成プラグインを試したのですが、これがいちばん良く出来てると思います。
いちばんの決め手は、「読者が新しい項目を追加できる」こと。この機能を持つプラグインがなかなかなかったのですが、これはそれが可能。
また、デフォルトのカウント数を調整できるので、以前行っていたアンケートの得票数をデフォルト値に入れ込んで、アンケートを再開することができました。

13.Ads by datafeedr.com
これは複数のアフィリエイトバナーをランダムに表示させることができるプラグイン。
アフィリエイトバナーって、いつも同じものだとまずクリックされることはないのですが、ランダムにローテーションさせることでクリック率があがる・・・・かもしれない。
とりあえず効果があるかはこれからの検証次第。

14.bbPress
自分のサイトでもう一つ問題だったのは、掲示板のページをどうするか。
今現在はcgiで動かしているのですが、ちょっといろいろと陳腐化してきた感じが否めなくて。
でも、ゲストブックとか掲示板って、日本独自のものなのか知りませんが、プラグインがなかなかない。
英語でguestbookとかbulletin boardなどの単語で検索して出てきたプラグインはほぼ全部試してみましたが、これがいちばんまともだった。
だけど、これの問題点は、掲示板のURLが自分の好きなようにできないのと、ちょっと高機能すぎるんですよねー。
それなもんで、まだもっといいプラグインがないか探し中です。

プラグイン探しもワードプレスの醍醐味!?


いかがですか?
とりあえず今インストールしている14個のプラグインをご紹介しました。
おかげでなんとか、これまでの資産を活かしながら更新がぐっとやりやすくなった。
見栄えもなんとか整って、以前のhtml&css手打ちの時よりもぐっとプロっぽいサイトになりました。
あとは・・・掲示板のプラグインをもうちょっと探してみるのと、all in faviconとxml sitemapあたりとインストールすれば盤石かなー。


参考になれば幸いです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。